P1015671

留学生時代から、Naomi’s Café の大フアンという森本さんは、なおみさん
からの信望も厚い。なおみさんによれば「普段は寡黙な夫(ジョージ氏)の
大のお気に入りでよくおしゃべりをしていた」のだそう。1991年~2014年
カナダ在住。在住時は、移民専門のカナダ人の弁護士事務所と教師として勤務。


“ハズレなし”のNaomi’s Café 
 

初めて私がNaomi’s Café を訪れたのは、『いいカフェがあるのよ』と、
いつも言っていた友人に連れられてでした。それ以来同じ関西の出身の
なおみさんの気質に惚れ込み通うようになりました。以来、学生だった
私はNaomi’s Café の「週一は通うヘビー・ユーザー」となりました(笑)。

私たち学生は、なおみさんのご厚意でご馳走して頂いておりました。
他のお客さんの邪魔にならないように、入り口のそばのカウンター席
に座るのがお決まりでした。なおみさんと話しやすかったですし、ハ
ンバーガーやハッシュブラウンを焼くのが見えるんです。ランチタイム
はすごい忙しさだったので、できるだけ避けて行くようにしていました。

奥のカウンターには、お客さんが自分で取っていくように何種類かの
パイやパン、クッキージャーなどが置いてあって。「全部手づくり」と
いうお店は、珍しかったと思います。
日本人6(左:さなえちゃん、右:きみさん)
 友人と一緒に(右端が森本さん)

私が好きだったメニューは、日替わりスペシャルのレバー・ステーキの
上にソースをかけたもの。それにスープ。クラムチャウダー、オニオン
スープ、チキンヌードルスープ、トマトスープ…全部美味しい!土曜日の
ブランチ(ハッシュブラウンと卵、ソーセージ、ベーコン、それになお
みさんのパン)も美味しかった!なおみさんの長年の経験なのでしょう、
いつ行っても、何を食べても“ハズレなし”なんです。日本から遊びに来た
親戚の子をNaomi’s Café に連れて行ったら、「こんなおいしいカフェに
いつも来られるなんて!」と羨ましがられました。

なおみさんは、レシピも惜しまずにすぐに教えてくれるんです。カナダ人
の友人になおみさんの「失敗しないシュークリーム」のレシピをあげたら、
「初めて焼けた!」とびっくりしていましたよ。


ジョークの応酬
 

なおみさんは懐の大きい人で、誰でも受け止めてくれるんです。なおみさ
んとのおしゃべりが楽しかったのも、カフェ に通った大きな理由でした。
「今日ね、こんなお客さんが来たのよ」とか「ねえ、聞いてよ~!私4時間
しか寝てないのよ~」とか。“ゆっくりしていいんだな”という雰囲気で、
まったり過ごす時間が本当に楽しかった。なおみさんのお人柄で、「また
来たい!」という気持ちになるのだと思います。

なおみさんはいつもニコニコ楽しくしていて、常連さんもみんなジョークが
好きな同じような雰囲気の人たちが集まっていました。隣りの床屋のNormanは、
電気が切れると電球を替えに来たりしていました。看板屋のBillは「ちょっと
おいで」なんて言って、いろいろなジョークを教えてくれるんです。裁判官や
バンク(銀行)の人たちも来ていたし、窓越しに挨拶していく人も多かったで
すよ。

常連さんたちとなおみさんの言葉のキャッチボールが、ものすごくおもしろかっ
た!ジョークの応酬です。ジェニーとのやり取りも、おもしろかったですよ。
ジェニーはちょっと障害があり、物の言い方がキツイところもあったのですが、
常連さんたちはそれをよくわかっていて、楽しんでいましたね。

カフェでは、ほとんどなおみさんが注文を聞いて、ひとりで全部料理を作ってい
たんです。よくできるな~と、いつも思っていました。月曜日から土曜日まで週6
日も働いて、朝も4時から準備して、パンも全部焼いて。すごいです。
 

日本食の山盛り
 

カフェの奥には、カフェで出す食べ物とは別に日本人学生のためのテーブル
があり、ちらし寿司、お煮しめ、チャーメン、お赤飯などが大皿にぼんぼんと
盛ってあって。それぞれ自分で欲しいだけたっぷりと食べて、「ご馳走様~!」
と帰っていくんです。学生が入れ替わり立ち替わり来ていました。

なおみさんのご好意のみで、学生たちにたくさんの食べ物を“全部無料!”で
食べさせてくださっていました。中にはちゃっかりとそれに甘えているだけ
の子もいました。なおみさんは何も言いませんでしたけれど、そういう人に
は、我慢できずに、私が注意させてもらったことが何度かあります(笑)。

なおみさんが「松茸ご飯を作って待っているから取りに来てね」と言われて
いたのに、誰も取りに行く人がなく一週間ほどたちました。なおみさんは気
にせずに「ダメになったから捨てちゃったわ」と言っていましたが、それは
なおみさんのご好意に対してとっても失礼なこと。どうなることかと心配し
ていたら、また炊いてくださって「取りにいらっしゃい!」と。なんと心の
広い人なんでしょう。大、大、大反省です!

私たちがNaomi’s Café に入り浸っていると聞いた教会の先生に、「お前も
行ってるんか?皆してなおみさんの店をつぶす気か~⁈」と叱られましたよ(笑)。


カフェをピカピカにしていたジョージさん
 

なおみさんのご主人・ジョージさんのことを私はおじさんと呼んでいました。
おじさんは、毎日自分の仕事が終わってから、カフェの閉店時間あたりに
お店に来て手伝っていました。“昔かたぎ‘とでも言うのでしょうか。あいさつ
はするけれど、物静かな感じで、黙々と片付けたり荷物を車に運んだり。
その間なおみさんはキッチンでずっと、翌日の仕込みなどをしていたんです。

なおみさんとは「大恋愛をした」と、おじさんが教えてくれました(笑)。
掃除をしながら、「“お好み焼きを食べに行こう”と言って、釣ったんだよ~」
なんて話してくれていると、キッチンからなおみさんが「ダデイー!ダメ!」
なんて怒ってました。おじさんは、いつでも這いつくばるようにして、もの
すごく丁寧にカフェをピカピカに掃除してくれていましたよ。


理不尽なことには毅然と
 

なおみさんは、関西人のおばちゃんだけれど、江戸っ子みたいに気っぷがいい。
ふんわりしているけれど、曲がったことは大嫌い。それにまったく裏表のない
人です。気に入ったらお金はとらないけれど、気に入らないとお客さんでも
断ってしまう。お客さんなのに大丈夫?と思うくらいに、です。

ある時ハンバーガーを買いに来た人が、「半生ではダメ、ちゃんと焼かないと」
と言うのに、焼けてなくても良いから早くくれと言ったんです。なおみさんは
ものすごく怒って、「そんな客はいらん!お金は返すから帰れ!」と怒鳴って。
ハラハラしながら見ていましたが、結局その人は、ちゃんと焼けるまで待って
買っていきました。

なおみさんは、横柄な人とか人を見下げるような人が大嫌いでした。理不尽な
人に対しては、相手が白人だろうと誰だろうとお構いなしに、「私の店に来る
な!」と追い返してました。

お客様でも誰でも、バシッと何でも言うのが気持ち良かったです。カフェに集
まってくるお客さんも、なおみさんと同じような心の持ち主が多かったと思い
ます。


ポジテイブに励ましてくれるなおみさん
 

「とにかく頑張りなさい!何でもやろうと思えばできるから!」と、いつも
励ましてくれました。移民申請も、なおみさんが背中を押してくれたんです。
運転免許、Income Tax Return(源泉徴収)、Social Insurance Number
(注:日本の“マイナンバー”にあたる)の取得なども、みんなでカフェで頭を
つき合わせて、情報交換をしながらやりました。なおみさんのポジテイブな
生き方。常に前向きで、何かをやろうと思ったらすぐに動く。そういう姿に
いつも励まされました。

仕事を始めてからはカフェに行けなくなりましたが、時々料理を届けてくだ
さったり、お正月やクリスマスには自宅に呼んでいただきました。私が日本
に帰国してからは、なおみさんが日本に来られるといつも会いに行きます。
ビスコッチをおみやげに持ってきてくれるんです。かれこれ30年来のお付き
合いになりますね。
P1015670

Naomi's Cafe で楽しい時間を過ごせて良かった!いろいろな人たちに
会うことができて良かった!と、今も心から思っています。